Windows7と大きく異るWindows8のインターフェイス

XPのサービス終了と増税にともなってパソコンを買い換える人の駆け込み需要が伸びています。パソコンに詳しくない方が何も考えずにパソコンを買い換える場合、すでに入っているオフィスはWindows8以上となります。使ってみると分かりますが、インターフェイスが従来のものとは大きく異なっているので、使い慣れるまでに少々戸惑うことがあります。Windows8では、パソコンを立ち上げるとスタート画面が表示されます。これは従来のスタートボタンと同等の機能をなしています。使い続けているうちに慣れてくるものの、パソコンに詳しい人ほどこの新しいタイプのスタート画面には不満が噴出している状況です。では、パソコンに詳しい人はどうするかといえば、あえてWindows8ではなくWindows7のOSを好んで使用しています。Windows7までは従来のインターフェイスとなっているため使いやすく、そして違和感がありません。従来のものと同様にデスクトップとスタートボタンが同じ画面に配置されているので操作性の高さははるかに高いです。Windows8の場合、まずスタート画面を表示した後にデスクトップ画面へと飛ぶ必要があるので不便さを感じてしまうのです。