Windows7とWindows8のスタートメニューの違い

Windows7とWindows8の違いは様々にありますが、その中でも大きな違いは、スタートメニューの有無と言うことが出来るでしょう。
スタートのメニューがWindows7にはありますが、Windows8には存在しないのです。Windows7の場合は、左下のスタート、つまりWindowsのマークのアイコンをクリックすれば、メニューが出てきます。ずらりとブラウザやメールなどのアイコンが出てきて、それらを見て選び、操作することが出来るので手軽ですし、わかりやすいです。
しかし、Windows8の場合はスタートのメニューが存在せず、それに代わるものとしてスタート画面があります。パソコンの画面の右端からスワイプして、スタート をタップしてから、スタート画面を開きます。他には、キーボードのWindowsのマークを押す、マウスで画面の左下隅をポイントしてスタートボタンを押す、デスクトップのスタートボタンをクリックする方法があります。これらの方法でスタート画面に入り、操作を行います。
また、スタートメニュー自体を、Windows8の画面上につくってしまう事も出来ます。ソフトを使うことによって可能になります。