Windows7とWindows8のショートカットキーについて

ショートカットキーは覚えていると、とても便利です。入力の際、役立つのでぜひとも習得しておきたいキーです。
Windows7とWindows8の共通のものは、色々とあります。まず、Windowsのデスクトップへの切り替えをし、もう一度押すと元々使っていたアプリケーションに戻ることが出来るキーです。これは、WindowsロゴキーとDを押します。次に、Windowsのデスクトップへ切り替えて、エクスプローラーでコンピューターを表示することが出来るキーです。これは、WindowsロゴキーとEを押します。Windowsロゴキーだけを押すと、スタート画面を閉じたり表示したりすることが出来ます。Windowsロゴキーと数字キーを押すと、Windowsのデスクトップに切り替えて、その数字に対応しているショートカットを起動します。その他、WindowsロゴキーとMを押すと、すべての画面が最小化されます。WindowsロゴキーとRを押すと、ファイル名を指定して実行を呼び出してくれます。
Windows7にあるショートカットキーはWindows8にありますが、逆に、Windows8にしかないものがあります。よく使われるものでは、WindowsロゴキーとXです。これを押すと、高度なコンテキストメニューを表示します。