Windows7とWindows8の違いはタッチパネル対応

Windows7とWindows8の大きな違いはタッチパネル対応があるかないかにあります。
Windows7にはないものの8からは実装されるようになりました。これによってマウスやタッチパッドなどを使うことなく直接画面に触れて操作ができるようになったのです。
画面に触れるとクリックするのと同じ機能が発動されるのです。非常に便利な機能です。
ただこの機能を使うためにはタッチパネル式に対応しているパソコンを使う必要があります。
ただWindows8を入れただけではタッチパネル操作ができませんので気を付けてください。
なぜこのような機能が追加されるようになったのかと言うとタブレット型の端末で使いやすいようにするためです。
タブレット型はマウスなどはついていませんのでタッチパネルに対応していますと使いやすいのです。
一般的なパソコンの場合でもタッチパネル操作ができることによって直観的な操作ができて小さな子供からお年寄りまで利用できるのがいいところなのです。
ただこのタッチパネル操作は人によってはさほどメリットに感じられない場合もあります。
Windows7で十分に事が足りるという方は無理に8のほうに乗り換える必要もありません。